かつて環七ラーメン戦争を制し、しくじり後(笑)に復活した高円寺「なんでんかんでん」に行ってきました。

 

師匠・樋口宗孝氏も大好きで、飲みの最後はいつも「なんでんかんでん」でした。

 

どの時間に行っても超絶混んでいたのですが、本当に申し訳ございません、師匠と行くと「裏食い」という特殊な形態で奥の階段の横で先に食べさせて頂いておりました。

 

今でいうスマートパスです。

 

師匠・樋口宗孝はどんなものにでもこだわりがあるので「コレ!」と決めたら浮気はしません。

 

ジャックダニエルソーダ割りの飲み方(割り方)に師匠なりの作法があるのと一緒で、なんでんかんでんでの食べ方にも作法があるのです。

 

注文するのは「のりたま、バリカタで」です。

 

今日、高円寺で「のりたま」と言ったら通じませんでした(泣)

 

のりたまとは海苔と卵トッピングで、麺はバリカタで決まりです。

 

到着後、すぐに食べてはいけません。

 

辛子高菜と紅生姜とごまをたっぷり過ぎるほど入れ、混ぜてから食すのです。

 

混ぜてからですよ。

 

最初にスープの味を試し飲みするなどは許されないのです!

 

全部混ぜるのではなく、適度に混ぜる感じです。

 

僕はいつもネギバカが食べたかったのですが、そんなことも当然許されません。

 

(そういえば書いている途中で思い出したのですが旧ブログ「まさのなかみ」でもなんでんかんでんネタを書いたような・・・w)

 

調子が良ければ替え玉を。

 

弟子チームは替え玉を2回か3回強要、オススメされます。

 

僕は最高5回替え玉をしたことがあります。

 

しにます。

 

 

樋口氏の愛した、なんでんかんでん、今は高円寺にありますのでぜひ行ってみてくださいね!

 

 

ちなみに、なんでんかんでんの社長、川原氏が「しくじり先生」に出演し「スープを薄めていた」と衝撃の告白をしたのですが、師匠・樋口宗孝は当時何度も社長に「まずなった、まずなった」と言い、自分のスープを社長に飲ませて「あかんやろこれ!」とと責め立ておりましたが、川原氏は樋口氏のスープをレンゲで飲んだあと、「そんなこと無いんだけどな~」言いたげに首をひねっておりました(笑)

 

さすが師匠www

 

 

あ、今はすごく濃厚なスープで美味しかったです♪

 

海苔と味玉トッピングで当時を再現。当時卵は割れてなかったな。

(ちょっと食べちゃったけどw)ゴマ、紅生姜、辛子高菜を投入。この倍は入れてました、師匠は。

思い出深いロゴだ!