今年も終わりに近づき、ますます寒くなってきましたね。

 

加えて風が強い日も多いです。

 

これは最悪の状況ですよ。

 

忘年会などでお酒を飲むと寒さに鈍感になり、邪気が入り込むスキを作ってしまうので特に気をつけなければなりません。

 

風邪(かぜ)をひいたらせっかくの年末が台無しです。

 

 

東洋医学では自然界の気候である

風・寒・暑・湿・燥・火

の「気」が過剰に身体に入り込むと「六淫(六邪)」となって身体をむしばむ、ということになっております。

 

今の季節は、「風」の「風邪(ふうじゃ)」、「寒」の「寒邪(かんじゃ)」が身体に入り込んで「風邪(かぜ)」の症状を引き起こすのです。

 

 

単純に考えて、寒気を感じたら、身体を温めたほうが良いに決まっていますよね!

 

でもお仕事などが忙しくて、わかっちゃいるけど対策出来ない方も多いでしょう。

 

そこで、もしちょっとでも寒気を感じたら、この場所カイロを貼ってください。

 

 

atatame

赤丸で囲んでいる2ヶ所。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肩甲骨の真ん中あたりには背骨を挟んで左右の「風門(ふうもん)」というツボがあります。

ここは、その名の通り「風邪(ふうじゃ)」の入り口なのです。

首筋がスースーするような時、ここから風邪が入り込んでいるのです。

 

 

もうひとつ、腰から仙骨のあたりには「腰陽関」「八髎穴(はちりょうけつ)」というツボあります。

どちらも身体を強烈に温める力を持っていますし、寒さからの腰痛にも抜群の効果を発揮します。

 

また、背骨の中心のラインは「督脈」といって「陽の気」が集まるため「陽脈の海」と言われていますので、カイロでこの辺りを大きくカバーすれば「風邪」「寒邪」に対抗出来るのです。

 

 

この方法ならば面倒くさくないでしょう?

 

「寒けがするな〜」

 

と感じたら、背中と腰にペタっとカイロを張ってお仕事に行ってくださいませ!

(低温やけどには気をつけてくださいね)

ちょっとした不調はこれで治ったりしますよ!

 

ではでは、今年もあと僅か、元気に年末を迎えましょう!!