ほぼ覚書なんですけど、ドラムを叩くときって師匠に習って結構猫背なんですよ。

 

背筋を伸ばしたほうが良いのか、猫背が良いのか、そういう問題じゃなくて弟子だから同じような感じで叩く、以上!!

 

ってな感じでw

 

いずれにせよ叩くときに身体の軸がブレないようにしないとダメですよ。

 

でも、どうしても力が入ったり、猫背具合?っていうか猫背の角度がマチマチなのかどうもバランスが悪い日があったのです。

 

 

しかし!

 

 

これを一気に解決できる手段が解明しました!

 

 

それは、タイトル通り、

 

 

ドラムを叩くときに顔を上げて正面を向く

 

 

 

これだけです。

 

 

リズムを叩くときってハイハットを見たりして若干うつむき加減のときが多かったのですが、ハイハットをあまり見ずに正面を向くと一気にバランスが良くなりました。

 

 

恐らく一番重い「頭」が傾いていたために軸がブレていたのでしょう。

 

 

僕にとっては結構衝撃的な「気付き」で、身体を上手く使うための重要なポイントです。

 

 

キックボクシングでミドルキックを打つときも軸足と頭が一直線じゃないとブレてパワーやスピードが出ないですからね。

 

 

LIVEだとお客さんと目が合いそうで恥ずかしいですが(笑)、絶対に試してみる価値ありますのでぜひやってみてくださいませ!

 

 

脱力しやすくなりますよ!!

 

 

僕と目が合えるLIVEが7月8月で3本あります(笑)

 

ぜひ目を合わせに来てくださいwww

ジュリーバンドのとき正面向いてるから調子良かったわ、そういえばww

 


詳細はこの記事の下部から!

 

これじゃないと出ない音がある!(LIVE情報)