苦しいことの原因。

 

これが分かれば問題はすべて解決、というわけには行かないんです。

 

その原因が治らないかもしれないですしね、生活習慣とか。

 

身体に不調をもたらしているのが骨折とかウイルスとか明確なものならばわかりやすいですけど、腰痛や肩コリなんかは「これが原因」とは確定しにくい。

 

というか僕は「本当の意味で身体の部位の特定」は出来ないと思っています。

 

ロボットだったら配線が切れたとか、関節部分が欠けていたりとか原因が特定出来ますけど、人間は身体のすべてが解明されたわけではないのでね。

 

検査などで仮説を立ててから治療することは出来ますが、あくまで仮説。

 

 

人間の身体は未知の生物X(エックス)なので、腰が痛かったら腰が悪いとは言い切れないと思うのです。

 

「ヘルニアが神経を圧迫しているから痛い」

 

という日本語は、現実とは大きな隔たりがあります。

 

神経を圧迫されてても腰痛を一度の経験したことのない人はたくさんいるのです。

 

今までは原因を探ろうと必死になっていたのですが、今は部分的な原因を特定することにはこだわっていません。

 

それよりも

 

「どうやったら身体は緩むのか?」

 

ということを中心に考えています。

 

ゆえに「脱力」ということになります。

 

身体が脱力すれば、心も緩みますよ。

 

ストレスで精神的に「キーッ!!」ってなってたら身体は緊張します。

 

逆に重苦しい心になっていても、姿勢は前かがみなり、やはり身体は緊張していきます。

 

そのような積み重ねが段々と身体を蝕み、結果、腰や肩をはじめ色々なところに痛みや痺れが出てしまうと思っています。

 

神経や筋肉をせっかく勉強してきたのに元も子もない考えなんですけど、自分の中ではこれが一番しっくり来る。

 

心も身体もニュートラルにすることこそ、苦しいこととサヨウナラする一番の治療です。

 

その第一手として、まずは身体の緊張を取ること。

 

身体が緊張していないか、ぜひ自分の身体に目を向けてみてください。

 

 

「脱力しちゃった!」Tシャツ絶賛発売中!!

脱力Tシャツは2500円、送料無料です!

サイズはXS~XXXLまで。

人気のピンクも!!

脱力Tシャツ、新色入荷しました!