「頑張っている感じ」

 

というのを想像すると、汗水垂らして何事も一生懸命取り組み、筋肉痛が当たり前、ってな感じでしょうか?

 

この「頑張っている」を正攻法としましょう。

 

 

でも、

 

「頑張らない頑張り」

 

というのもあると思うのです。

 

 

ピンと背筋を伸ばしていわゆる「姿勢を正しく」という感じ。

 

 

これは果たしてどんなときでも「正しい姿勢」なのか。

 

 

この姿勢を取るべき場面はあるかもしれませんが、例えば電車の中。

 

 

揺れてますね。

 

 

膝をまっすぐにピンと立っているよりも、両膝をちょっと曲げていたほうが揺れに強く、自然な状態を保てますよ。

 

 

つり革をつかむ力が弱くても済むはずです。

 

揺れる力に真っ向勝負しなくても良いのです、倒れなければいいのですから。

 

 

僕なんかはドラムセットでバスドラムを叩くとき、気づかないうちにだんだん叩く力が強くなってしまうときがあります。

 

スネはパンパンに張ってきて、コントロール出来なくなるのです。

 

一定の力をキープする、という頑張り方。

 

疲れないようにする頑張り。

 

両手両足のどこかに力がかかりすぎると重心が腰から手足に移ってしまい、身体のバランスを崩す。

 

故にリズムキープが出来なくなる。

 

 

頑張ろう!!

 

 

という強い気持ちが空回りしているのでしょうね。

 

 

こんなときはたいてい肩に力が入り、いかり肩のように上にあがっています、肩が。

 

 

自分が力んでいることに気づいて頑張らないようにすることを頑張る。

 

ちょっとおもしろい文面になってしまいますが、こんなのをイメージしながら脱力していきたいなと。

 

まだ数人でしたらご参加可能です。

 

楽な身体と楽な気持ちを共有したいがために、参加費は無料!

 

お待ちしております。

 

 


2/10(日)に第一回 脱力講座 を開催したいと思います!

 

参加費は無料!

場所は秋葉原のリボレで時間は16時から2時間ほど。

2時間のスタジオ料金6千円(税込)を僕を含めた参加者で割ります。

 

 

ドラマーじゃない方の参加も大歓迎!

 

力を抜く

 

これを一緒に体験してみましょう、肩こりにも有効です。

 

フェイスブックでイベント立ててます。

https://www.facebook.com/events/304389613583484/

 

力を抜くと、自分が自分のHeroになれますよ!

 

【NEWS】院長のバンド「tubTRaCK」が3ヶ月連続シングルをリリース!

Spotify、LINE MUSIC、Apple music、Youtube music、うたパス、J:COMミュージックなどのストリーミングサービスでも視聴可能となりました。

第1弾 Gramdma-sky
https://linkco.re/QxM7Aqmt

第2弾 深海メアリー
https://linkco.re/vR3UuGZE

第3弾 Your hero は1/25からダウンロード開始!

https://linkco.re/4dBeuSQU?fbclid