僕は鍼灸師になるための勉強をする前、自分の身体がどのように出来ているか、どのような構造になっているのか全く知りませんでした。

 

心臓、肺、肝臓、腎臓、胃、小腸、十二指腸、大腸くらいの名称は知っていても、それが何をするものなのか、どこにあるのかなんて考えたこともありません。

 

学生時代は死ぬほど勉強させられるので嫌でも覚えましたが、勉強しているうちに

 

「へ〜、こういう仕組みになっているんだ〜!」

 

と感心し、むしろもっと勉強したいと思うようになりました。

 

 

このブログでも何回か書いていますが「便」は非常に重要です。

 

 

出るべきものが出ないという状態が良くないということは、誰でもわかりますよね。

 

 

しかし、まずは自分のカラダがどのような仕組みになっているのか、なんとなくでもいいから理解しておくべきです。

 

 

自分のカラダがわかっていると自分のカラダが不調になったとき、ヒントをくれるでしょう。

 

 

便は、当然ながら多くは「食事」の残りカスです。

 

 

今回はその通り道をみてみましょう。

 

 

まずはから食事を取りますね。

 

味わってから飲み込むときに咽頭で肺への道は塞がれ、食道に送り出されます。

 

食道を通ったその先にはがあります。食べ物を貯め込むことが出来ます。

胃で主にタンパク質(肉とか)を分解してくれますよ!

 

次は小腸に行きますが、小腸は十二指腸、空腸、回腸と名前を変え、ひっくるめて「小腸」です。

小腸は伸ばすと6〜7m、カラダの中では縮んでいて3〜4mほどで太さは3cmくらい。長いですね。

長くて割と太い管がお腹に入っているとイメージしましょう。お腹の中は割と小腸で埋まってますよ。

主に消化と吸収をしてくれるので長い時間をかけているのですね。

十二指腸は背中側にひっついているので動きませんが、空腸と回腸はお腹の中で動くことが出来ます。

 

次は大腸ですね。

便が作られますよ〜!

大腸も盲腸、結腸、直腸と名前を変えます。

大腸は小腸よりも太く長さは160cmほどでヘソより下のやや右側から始まることが多いです(個体によって違う)。

最初はあの盲腸です、痛くなるやつ。詳しくは省きますが盲腸は大腸のうち最初の5cmほど。

お腹の右下あたりで5cmほどの盲腸が終わったら次は結腸です。

結腸はお腹の右下から20cmほど上に伸びていき、次はお腹の中で右から左に50cmほど行き、次はお腹の左側を下に25cmほど行き、カラダの真ん中に戻るようにS字に45cmほどカーブしていって直腸(長さ20cm)に繋がります。

ちなみに右から左に行く結腸(横行結腸)とS状結腸はお腹の中で移動性に富みます。

 

直腸のあとは肛門ですね。

 

 

もし口から長いヒモを入れていったら、頑張れば1本のヒモが口から肛門まで出てきます。

 

 

そんなカラダの構造なんですよ。

 

 

こうやって考えていくと、便秘の解消のためにやるべきことのヒントになります。

 

まずは水を飲まなかったら便は出なさそうですよね。

 

良質なオイルを飲むのもよいでしょう。

 

食べすぎたら便は出なさそうですし、物理的に腸を動かしたほうが良さそうですね。

 

深呼吸をすると横隔膜が凹んで腸が動きますし、大股でウォーキングするとお腹の中は動いてくれるでしょう。

 

そのときに体全体を脱力させたほうが効果は高そうに思えます。

 

このように、カラダの仕組みがなんとなくわかってくると、カラダに良いことを想像しやすくなります。

 

僕は全くカラダのことがわかっていなかったとき、カラダに良いということを自分で判断することが出来ませんでした。

 

人の話を聞くだけ。

 

そんなことをやっていると「〜すると良い、〜を食べると良い」という情報だけを頼りにして一つの動作をやり続けたり、一つの食品だけを大量に食べたりしてしまうのです。

 

食べてもいいけど大量に取る必要はないでしょう。

 

僕は500mlのペットボトルに良質な海の塩をひとつまみ入れて飲んでいます。

塩はカラダに必ず必要なものですし、塩を入れたほうがカラダに浸透しやすくなります。

これを2リットルくらい飲んでますかね、1日に。

 

便も快調ですよ!

 

自分のカラダを知っておいて損はないですよね。

 

ぜひ、カラダの中がどうなっているかをイメージしてみてくださいませ!

 

 

 

 


【NEWS】深海メアリー配信開始

第2弾シングル、深海メアリーがダウンロード&ストリーミングにて配信開始。同時にGramdma-skyもストリーミング配信開始。

Spotify、LINE MUSIC、Apple music、Youtube music、うたパス、J:COMミュージックなどのストリーミングサービスでも視聴可能となりました。

第2弾 深海メアリー
https://linkco.re/vR3UuGZE

第1弾 Gramdma-sky
https://linkco.re/QxM7Aqmt