僕にも嫌いな人、嫌いだった人というのが正確でしょうか、そんな人がいました。

 

今はノーストレスで過ごしてますので普段あまり思い出さないのですが、なぜか眠る直前に出てきたことがありましてその時は暫く寝れませんでした。

 

頭の中がその時の嫌なことでいっぱいになってきます。

 

もうそのことしか考えられません。

 

やられたことや、自分の正当性などを何度も何度も頭の中で繰り返すのです。

 

しかし、それは今となっては無駄なことで、今やるべきことはぐっすりと寝ることですよ(笑)

 

 

思い返すほど色濃く残るので、悪い記憶を思い出して塗り重ねないようにしなければなりません。

 

 

試験勉強を思い出してください。

 

覚えるために何度も読み返してみたり、何かに関連付けたり、覚えているかどうか問題を解いてみたりすると記憶が定着してきます。

 

これを同じで、悪いこと嫌なことを何度も思い出すと負の感情が定着してしまいます。

 

怒ったり恨んだりしても過去は変わりませんし、呪い殺すことも出来ないでしょう(笑)

 

また、人に教えたりすると理解力が深まり長期記憶につながるのと同じで、たまには毒を吐いても良いと僕は思っていますが、いつも愚痴や悪口を言うということは嫌なことを頭に定着させるのと同じことです。

 

こんな毎日イヤです。

 

悪い記憶を思い出して塗り重ねないようにしないと!

 

 

 

頭の中で2つ以上のことを同時に考えるのは(僕にとっては)難しいので、良い記憶や覚えなければならないことを考えて頭の中を占領させます。

 

英語の勉強とか、僕だったら忘れかけているあまり使わない経穴の名前とか。

 

嬉しかったことを思い出したり、これからやり遂げなければならないことが成功してみんなから祝福されているイメージをするというのもいいですね。

 

楽しいことや必要なことを考えていても、嫌なことはじわじわと頭の中を占領してきて、いつの間にか考えたくもない嫌なこと(人)を思い浮かべてしまいます。

 

その時、フッと身体と頭を脱力させて「良いイメージさん」を頭の中に招き入れるようにしましょう。

 

嫌なことはあっち行けとw

 

 

これは慣れです。

 

何度もチャレンジして、自分にとって必要で良いイメージを頭の中で塗り重ねて行きましょうよ。

 

何度も何度も良いイメージを塗り重ねていけば、それが当たり前になっていきます。

 

 

場所や人に関連付けたら嫌なことを思い出すこともあるかもしれませんが、それ以外の場所で思い出す必要は全くありません!

 

 

このブログでよく出てくる「内関」というツボを押せば、良い方向に後押ししてれますよ。

 

 

塗り重ねるのは楽しい感情、お試しあれ!

 

 

内関は手首のシワから指3本分のところです。親指で優しく押してあげましょう