デトックスと聞いてイメージするのは、やはりエステを受けたり、岩盤浴で汗をかいたりすることでしょうか。

 

しかしデトックスは自分で出来ますので今回は鍼灸師としてのデトックスをお伝えします。

 

体内から毒素や老廃物を取り除くこととを「デトックス」とするならば、日常の「当たり前」に目を向けることが大切です。

 

 

一番のデトックスとはなんでしょう?

 

 

 

それは

 

 

 

スッキリと便を出すことです。

 

 

 

便は体内に不必要なので排出されているのです。

 

 

不要なものが身体に溜まっていたらどんどん身体は悪くなっていきます。

 

 

 

また、あまり意識していないかもしれませんが

 

 

嘔吐・下痢・痰の排出

 

 

なども明確なデトックスです。

 

飲み過ぎて吐き気を催すのは身体の拒絶反応です。

 

下痢もまた然り。

 

痰も不要なものを出そうとして溜まっているのです。

 

鍼灸では瀉血療法という身体の中の「瘀血」を物理的に排出させる治療法もあります。

 

瀉血は指先などにちょっとだけ鍼を刺して微量の血を絞りとったり、肩やふくらはぎに鍼を刺して吸玉で瘀血を出したりします。

 

体内に余計なものがあると不調を招くことは昔から分かっていたのです。

 

 

このように考えてご自身の身体と向き合ってみてください。

 

 

ご参考になれば幸いです。

 

 

マッサージももちろんデトックスのうちだと思いますよ!